シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




iDeco(イデコ)

みんなは何を買ってるの?これが確定拠出年金iDecoの人気商品だ!

更新日:

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)で積み立てる際に「みんなは何を買ってるの?」と気になりますよね。
どんな銘柄が人気なのかご紹介します。

個人型確定拠出年金iDecoの銘柄選択の参考にしてください。

SBI証券個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)
購入金額人気ランキング(元本変動型)トップ10

SBI証券」の個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)で公表されている購入金額人気ランキング(元本変動型)の結果です。
(集計期間:2018/1/1~2018/1/31の1ヶ月)

順位銘柄
1レオス-ひふみ年金
2ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス
3SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>
4大和-iFree NYダウ・インデックス
5三井住友-三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
6大和-iFree 8資産バランス
7SBI-EXE-i新興国株式ファンド
8ニッセイ-DCニッセイ日経225インデックスファンドA
9ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド
10SBI-EXE-i先進国株式ファンド

インデックスファンドが多くを占める中、上位にはアクティブファンドがランクインしております。

iDeco第1位 ひふみ年金

ためて、ふやして、進化するひふみ投信のiDeco(イデコ)版である「ひふみ年金」が1位を獲得しています。
(※ひふみ投信もアクティブファンドです。)

「ひふみ年金」は一般販売している「ひふみ投信」より信託報酬料が安いので、「どうせ買うならiDecoが得」になります。

ひふみ投信を安く買うなら、確定拠出年金iDeco(イデコ)でお得に購入!

ひふみ年金を扱っているネット証券といえば(銀行除く)「SBI証券」と「マネックス証券」です。

ひふみ年金を買いたくて「SBI証券」で個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)をやっている人も多いのかもしれません。

そう考えると、1位を獲得するのも頷けます。

iDeco第2位 ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス

世界分散投資インデックス投資をやっているものとしてゼニー簿も一押しの「ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス」が2位をとっています!!

うれしいですね。

やはりリスクを分散と成長性のバランスを考えれば初心者はまず「先進国インデックス投資信託」を購入すべきでしょう。

人気なのは当然といえば、当然ですね。

簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは)...

iDeco第3位 SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>

おっと。

3位は「アクティブファンド」であるSBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>がランクインしてきました。

日本国内の中小型株式を投資対象として、株価が下落した銘柄からよさげなものを買うというアクティブファンドです。

特徴を簡単に言うと「落ちたナイフをつかむ」感じの投資信託になります。(え?分かりにくい?)

信託報酬はアクティブファンドなので1.62%とかなり高額な設定になっています。

しかしながら、人気の秘密はそのリターンの高さにあるようです。

ひふみ投信もビックリの1年で62.4%のリターン!!

ホゲッ!!

先進国インデックス投資信託が「18.59%」のリターンですからその凄さがわかります。

もっと長期的に見てみましょう。

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブは2006年7月から運用を開始して今年で12年目を迎える結構歴史のある(?)投資信託です。

2012年から徐々に回復した日本経済ですが、ジャスダック平均、日経平均の上昇とともにリターンも素晴らし伸びになっています。

逆に、株価が低迷している時期はジャスダック平均、日経平均と大差ないか、少し低いぐらいになっています。

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブは株価上昇時には大きなリターンを見込める投資信託だといえるでしょう。
(あくまで過去のデータから言えることで、未来のことはわかりませんが)

株高が続いていますので、このSBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブが人気があるのも頷けますね。

気になるのは、下げ局面に入ってからの落ち方でしょうね。。。

ちなみに、個人型確定拠出年金iDeco用ではなく普通に買える方の「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ」の「年 2 回決算型」は一時販売中止となったようです。販売一時停止になるぐらいの人気・・・すごいですね。

SBI証券iDeco(イデコ)では、アクティブファンドが人気


SBI証券」の個人型確定拠出年金iDecoでは1位と3位がアクティブファンドという結果になりました。

個人型確定拠出年金iDecoなら税控除の分で得できるので、果敢に「アクティブファンドで攻める」人も多いのかもしれません。

ただし、株価は下がる場面も必ず来ます。

また、過去のリターンが良かったからといって将来人気のあるアクティブファンドが同じようなリターンを出せるとは限りません。

リスクも考えて、投資を行いましょうね!

※投資は自己責任です。
特に投資初心者にアクティブファンドはおすすめできません。
初心者はまずインデックス投資から始めてください。

簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは)

とにかく、「SBI証券」なら個人型確定拠出年金iDecoでも選べる銘柄が多いのでおすすめです。

確定拠出年金は申し込んでから運用できるようになるまで手続きに時間がかかる!!
税控除をフルに活かすためにも申込みは早めに。

とりあえずすぐに資料請求すべし!(登録までに最低2ヶ月かかるよ。)

ゼニー簿も「SBI証券」で絶賛運用中。(笑









-iDeco(イデコ)
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.