中学のPTAの入会を拒否しました | シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの教育・節約・お金を貯めて増やすブログ

シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




教育・子育

中学のPTAの入会を拒否した理由と学校の反応

更新日:

以前からPTAの選出方法やPTA活動のやり方に不満を持っていました。

今回、長女が中学校に入ったのを機に、長女の中学のPTAのみですが入会を拒否しました。

PTA入会を拒否したことで、どのような弊害が出てくるのか、現時点では全く分かりません。

ただ、有無を言わせないやり方に嫌々従う自分が思った以上にストレスになっていたので、「入りたくない」意思を示すことにしました。

PTA活動で納得出来ないこと

何度かブログ記事にしていますが、ボランティアであるはずのPTA活動を強制することに大阪に引っ越してから不満を持っていました。

(東北ではPTAは強制的な活動ではありませんでした。)

例えばこんなこと。

ゼニー簿自身だけの影響で済むなら、こんな理不尽な活動はとっくに入会を拒否しています。

しかし、親がPTAに参加しないことで影響を受けるのは「子供」です。

結局、言いたいことを飲み込んで、納得できない怒りや不満を溜め込みながら黙っていました。

また、一番腹が立つのが「平等」という名のもとに、家庭の事情は考慮しないという全くもって平等じゃない雰囲気です。

母子家庭や父子家庭など家庭に事情があって「お気の毒に」と思っていても、自分が押し付けられると嫌なので黙っている全体の異様な雰囲気は、いじめを見て見ぬふりするそれに似ています。

そんな半分いじめのような異様な活動団体に属することが、もう耐えられなくなったのです。

PTA入会を拒否しようと思った理由

今年は長女が中学に入学。

PTAのアンケートを持って返ってきたのですが、その横柄とも思える内容を見て、分かっていたものの長年溜まっていた不満もあり、我慢できなくなりました。

家庭の事情は考慮しない前提

アンケートには要約するとこう書かれていました。

子供一人につき1回は役員をやる決まりです。

1回役員をやれば、次年度からは免除されます。

子供の学年と役員をやった経歴を記入し、どの役員を希望するかに印をつけて下さい。

最終的にくじ引きで役員を決めます。

「絶対に1回はやること」が大前提で、やらないという選択があることは書かれていません。

2回やりたい人だっているかもしれない。

それに、ボランティアである以上、「やらなければいけないから、やる」ではなく「やりたいから、やる」人をまず募るべきですよね。

実際、ゼニー簿の母親はPTA活動など親同士の集まりが好きで、よく立候補していました。(苦笑

こういう人は必ずいるはずですから、やりたい人が無理のない範囲でやるべき活動だし、やりたい人がいないなら見直すべきです。

役員の仕事内容の情報が全くない

「役員を必ずやらなければいけないこと」に関しては長々と説明書きをしているのに対して、下記の説明が1行もありませんでした。

  • どの役員がどんな仕事内容なのか
  • どの役員が月どのぐらいの頻度でいつ頃集まる必要があるのか

どの役員をやったらいいのか(やれる可能性があるのか)必要な情報が1つも書いていない

広報なら「最低限PCの作業ができる人」だとか、ベルマーク委員なら「昼間参加できない人は、家でベルマークの集計を主に担当」とかの情報です。

役員の仕事内容や、仕事をしている人はどう分担すればいいのか等の情報が全くない。

すべては「昼間仕事をしていない専業主婦」が前提になっていること、役員の仕事をできる能力が有無は関係がないこと(能力がなくてもOK)が、プリントからも読み取れました。

中学でのPTAの必要性が分からない

小学生と違い、中学生は半分ぐらい大人です。

体育祭の手伝いも親ではなく、生徒がやればいいし、学校の花壇の管理も生徒がやればいい。

親だけが参加する見学会や講習会で親同士の交流に意味があるとは思えません。

また、運動会や音楽会の親の感想が書かれたPTA新聞も全く必要ありません。

ついでにいえば、音楽発表会でPTAの合唱なんて聞きたい!?

要らんやろ!とツッコみたい活動まであるんです。

もう、中学で親が必要な場面なんてほとんどないはずです。

中学でのPTA活動の殆どが必要のない活動だと(ゼニー簿の個人的な意見になりますが)感じました。

子供への影響も少ないかな・・・

ゼニー簿がPTAに入会しないことで、子供に影響をあたえることといえば、以下のことでしょうか。

  • 卒業のときの花や記念品などはもらえない
  • 謝恩会に参加できない

子供が卒業する時は、15歳。

説明すれば我慢してくれると思います。

あとは子供の内申書に影響しないか・・・という不安はあります。

でも、親のPTA活動が子供の成績判断に影響するなら、それは学校と話し合う(戦う)覚悟はあります。(笑

PTA会費の申込書に「入会拒否」を書きました

PTAの参加は任意であるはずにもかかわらず、例によって、入会申込書はなく「PTA会費」の申込書だけが配られました。

意を決して、「PTA会費」のところに0口と書いて、「PTA入会を拒否いたします」と一言書き添えました。

PTA入会を拒否したことでこれからどんな反応が起こるのか、どのような弊害が起こるのかは現時点では全く分かりません。

話し合いが持たれるのかもしれませんし、周囲から非難されるのかもしれません。

ただ、納得しないまま入会していた今までよりも精神的にホッとしている自分がいます。

PTAに入会しないことで何か問題がでてきたらその都度自分の考えで判断するつもりです。
(ブログでも紹介します。)

PTA活動のあり方に疑問を持つものとしてこの方法が最良だとは思いませんが、これがゼニー簿ができる精一杯の意思表示です。

追記:PTA拒否後の学校の反応は?

PTAへの入会を拒否する旨を書いたPTA会費申込書を出したあと、学校の反応はどうだったのかです。

数週間後に長女の担任から2回電話がかかってきました。

1回目:PTAの入会を拒否する理由を聞かれる

1回目の電話はPTAへの入会を拒否する理由を聞かせてほしいとの内容でした。

上記のような私のPTAに対する不満を述べれば2時間はかかりそうなので(笑)、簡単に2つの理由を説明しました。

  • PTAは任意加入団体なので、自分の意志を示しただけ
  • PTA役員がいつ集まるか等の情報がなく、専業主婦が前提になっていることが推察され、時間的に私には参加することができない

特に担任からの反応はなく、「わかりました。伝えておきます。」とのことで直ぐに電話は終わりました。

2回目:連絡先をPTAに教えてもいいか聞かれる

1回目の電話から1週間ぐらい経ってからでしょうか、2回目の電話が担任の先生からありました。

今度の内容は「PTA役員の人がPTA入会に関して直接説明したいので、学校経由で連絡先を教えてもいいか。」でした。

連絡先なんて教えられたら、PTAから「子供を盾に」入会を説得されることは分かりきっています。ゼニー簿の意志は固いし、話し合いと言っても平行線になることは予想できます。

「教えていいわけないやろ。あほか。」と言いたい気持ちを抑え(笑)、こんなことに無駄に時間をかけたくないので、以下のように返事しました。

  • PTAに入会しない理由は前回説明したとおり
  • 任意加入なのに、強制されるような話し合いが必要あるとは思えない
  • 私はPTA会員ではないので、勝手に個人情報をPTAに流すのはやめてほしい

私の返事で先生は言葉に詰まってしまいました。
それを見かねたと思われる教頭先生に電話を変わられて、同じように「PTAに連絡先を教えてほしい」と言われました。

しかし、私の返事は一貫して同じなので、教頭先生も諦めて電話を切りました。

家庭訪問にて

2回目の電話があってしばらくしてから、家庭訪問がありました。

一応こちらも大人なので、一言謝っておきました。

ゼニー簿:PTAの件では先生にお手数をおかけして、すいませんでした。

担任:いえいえ。私も強制するのはどうかとは思うのですが、上の方から指示があるもんで・・・。

担任は大学を卒業して数年の新米教師ですので、教頭先生の指示で仕方なく電話してきたようでした。

今後PTAに入会しないことでどんな事が起こるのかよくわかりませんが、今のところこの2回の電話で終わっています。

また何かあれば追記していきますが、PTAに疑問を持つ人の参考になればと思います。

中学2年生になって

長女は中学2年になり、同じように会費を書く紙が配られました。

今年も中学1年生のときと同じように「PTAには加入しません」と書いて提出しました。

2年目だからなのか、今回は学校側からは何も言ってきません。

今の所、加入していないことのデメリットもありません。

あるとすれば、卒業式かな・・・・と考えています。









-教育・子育
-

Copyright© シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.