中3長女に最大の反抗期が来て反省した理由

子供の反抗期

コロナ休校をきっかけに中学3年で最大の反抗期がきました。

地獄のような結婚生活をせっかく終わらせたのに、今度は反抗期地獄かよ!と絶望していたのですが・・・。

ある本を読み、親である自分の行動に問題があったと反省しています。

スポンサーリンク

コロナ休校で最大反抗期到来!

中学1年の終わり頃から、「ああ、反抗期だなぁ・・・」とは思っていました。

でも、まだ会話は普通にするし、そんなに深刻には受け止めてなかったのですが・・・。

コロナ休校が長引くにつれて、何を言っても無視する、睨む、人が嫌がる言い方をする・・・と、反抗度合いが徐々に強まることに。

普段ならそんな反抗的な態度も、長女は学校へ行く、ゼニー簿は会社へ行って距離をおくことで、一旦クールダウンできました。

でも、コロナの自粛中はずっと家の中。

長女もゼニー簿も逃げ場がない。

それだけに、日に日に反抗がひどくなることに・・・。

反抗期とその対応が悪循環に・・・

いや、もうどうしたらいいのか・・・と途方に暮れる毎日。

親だって人間。

嫌なことを毎日言われて怒りもストレスも溜まるし、もう相手したくない!と、必要最低限のことしか話さないようになっていました。

まるで家庭内別居のようです。

あんなに嫌だった結婚生活を繰り返しているようなもんですよ。

ただ、旦那なら切れば(離婚すれば)いいけど、子供はそうはいかない。

どうしたらいいものか・・・。

あぁ、しんどい。

解決策はないものか・・・と悩んでいる時に、1冊の本に出会いました。

反抗期は、親の接し方次第?

長女の反抗期に出会ったのが、この本です。

created by Rinker
小学館
¥770(2020/12/01 00:29:08時点 Amazon調べ-詳細)


里親として37年で100人の子どもたちを育てたという子育てのプロ 土井高徳さんが書いた本です。

しかも、他の施設では手に負えないような子どもたちを受け入れていたというのですから頭が下がります。

ゼニー簿なんて、自分の子供でも手に負えないのに。(涙

そんな子育てのプロ 土井さんが思春期の子育てのノウハウを教えてくれる本なのですが・・・・。

ああ、耳が痛い。

自分が知らずしらずにやっていた叱り方は、本に書いてある「子どもをダメにする10の叱り方」の半分以上をやっていました。

泣いていいですか?

子どもよ、ごめん。ワタシガマチガッテイタヨウダ。

それに、思春期の子育て「べからず集」もやっていました。(←もう救いようがない

うーん。

もっと早く読めばよかった。

他にも子どもに伝え方のテクニックが満載で、本当にためになりました。

図書館で出会った本ですが、手元に置いて何回も見直して実践するために買い直そうと思っています。

シングルマザーは親が一人!反抗期で悩む前に読んで

言い訳になるかもしれませんが、ゼニー簿がやっていた叱り方や接し方は自分の親のそのままなんですよね。

自分が嫌だと思っていたのに、自分が親になってやっているという負の連鎖。

しかも、知らないうちに。

「親子関係は鏡」

子どもを通して、親自信が映し出されているということを心に留めておかないとダメですね。

子供の何でもないことを褒めるなんて、恥ずかしくてなかなか難しいとは思うけど、少しずつ自分が変わるしかありませんね。

全部をいきなり実践することは難しいので、とりあえず1日1個から実践していこうと思います。

もし、子供の反抗期で悩んでいる人がいたら、読んでみて下さい。

反抗期の子供でなくても、早めに読んでおくのをおすすめします。(小学3年ぐらいからは役に立つでしょう)

だめな自分を披露するようで恥ずかしいのですが、シングルマザーは家庭に親が一人です。

母親の接し方が間違っていてもフォローしてくれる父親もいません。

子育ての悩みもなかなか同じ家以外の人には分かりづらい部分もあります。

子育ての悩みが1つでも減るように、子育てのテクニックを知っておくのをおすすめします。

また、反抗期がどうなったのか・・・報告できればと思います。(涙

コメント

  1. mirai より:

    ゼニー簿さんのような凄腕のお母さんでも、うまくいかない事はあるんですね。。

    うちは年子なんで、反抗期きたら、集中攻撃されそうだなぁ。。

    • ゼニー簿 より:

      mirai様

      私は全然凄腕のお母さんではありませんよ。
      紹介した本を読むと、ダメな方の母親ですね。(苦笑

      孤育ての悩みは一つでも少ないほうがいいので、
      反抗期来る前にぜひ読んでみてください。
      私みたいにならないように。

  2. ひろ より:

    こんにちは。また来てしまいました。本、ご紹介有難うございます。早速読んでいます。

    うちは下の子が1年半ほど前、4年のときに、一足早く壮絶な反抗期(というかパニック期)を経験しました。ぶっちゃけ、別居前のダンナとの冷戦期なんかより遥かにこっちのほうがコタえました。ダンナは他人だけど我が子は大事なだけに苦しいですよね~~w

    振り返れば、発達障害の傾向とか諸々条件が揃ったうえでのことではあったのですが、
    発達支援関係の本とか必死で読んでたら「まず褒める」「できてることに注目する」とありました…。
    姿勢、この本も共通してますよね。
    そこから、私も親として(というか、子どもに対するノリが)随分変わったと思います。

    今は本人も当時とは別人のように落ち着き(落ち着きはない男子ではありますが)
    自ら「僕、思春期はもう『たしなんだ』から」などと言うてますw
    いやいやそんなこと言ってこれから本番がくるんやろ、とは思ってますがw
    確かに一度強烈な予行演習は済ませているので、ちょっとは心構えできてる気はします^^

    悩ましい思春期ですが、最中に気が付いて良かったぜ、ということで…
    (青木さやかさんのエッセイで母子関係のオソロしさを感じたとこでもあります)
    お互いご武運を…!ですね(笑)

    • ゼニー簿 より:

      ひろ様

      経験談、興味深く読ませていただきました。

      そうなんですよ!旦那との冷戦より、子供の反抗期のほうが辛い!

      発達障害があるなしにしろ、子育ては「褒める」が子育ての基本なんですね。
      自分があまり褒められてこなかったので、褒めることが苦手なんでしょうね。
      長女にはあまり会話がない中、中学生で生活のことではできて当たり前の中、
      何を褒めたらいいのか毎日悪戦苦闘中です。(苦笑
      (次女はその点褒める要素があるのでいいのですが)

      とりあえず1日1個褒めることを目標に頑張ってみます。

  3. ひろ より:

    そうですね〜、褒めるの、慣れ要りますよね。
    でも逆に言うと、慣れればむしろ相手がどんなでも褒めようと思えばやれる…というかw
    当初は「褒める理由を見つける連想ゲーム」だと思ってやってましたw

    あと褒めのハードルを下げるのは、照れが入るタイプの場合、独り言のように「お、〇〇できてる」と呟くだけとか、グッジョブサインだけとか、なんなら子には積極的に構わずとも横で母が機嫌良く(ヘラヘラ)してるだけ、でもいいそうてす。

    それにしてもホント子育てって悩ましく…「人類って何百万年と子ども育ててきたんやろ?なんでこう『コレが正解』みたいなのが一般化してないねん?」て思いません?
    まあ、そら『正解』なんてねーよな、なんですけどね(笑)

    また遊びに来まーす

    • ゼニー簿 より:

      ひろ様

      なるほど!!
      呟くだけとか、グッジョブサインだけとか、なんなら子には積極的に構わずとも横で母が機嫌良く(ヘラヘラ)してるだけでもOKと。
      それなら、照れ屋の私もなんとかできそうです。
      ありがとう!いいこと聞きました。
      言葉にするとなんか自分で嘘くさく感じて、口からなかなか出せないんですよ。
      慣れの問題なんでしょうが。

      本当に、子育ての方法の正解を教えといてほしいです。
      なんなら学校の授業で教えておいて欲しいぐらい。
      まぁ、正解はないんでしょうが、この本を読むとノウハウは確実にありそうなんですから。

      今一番困ってることなんで、本当に助かりました。
      また、ぜひ遊びに来て下さいね。

タイトルとURLをコピーしました