田舎の生活費は安くない!庶民には都会暮らしが圧倒的に得。

「田舎は生活費も安く済むし、暮らしやすい。」なんていうのは
田舎暮らしをしたことがない人の幻想です。

庶民には田舎暮らしより、都会で生活するほうが圧倒的にお得なのです。

実際に7年間東北暮らしを体験してみたゼニー簿が、
都会暮らしがどれだけ恵まれているかを紹介します。

田舎暮らしには、それ相応の覚悟がいるんです!

スポンサーリンク

給料水準が東京の約7割!

社員給料の水準も都会と比べると驚くほど安いです。

下記は都道府県の最低賃金から
月給にするとどれ位東京と差がでるのかを比べたものです。

田舎の給料は、東京の7割しかない

平成29年度
最低賃金時間額
8時間20日勤務の
月給
東京都の差額比率
東京958153,2800100%
大阪909145,4407,84095%
愛知871139,36013,92091%
宮城772123,52029,76081%
愛媛739118,24035,04077%
沖縄737117,92035,36077%

田舎に行けば行くほど、給料の水準が下がっていきます。

同じ仕事でも田舎なら安く買い叩かれて
約7割ほどに給料は減ってしまうということです。

ハローワークからも言われた!「給料は東京の7割あれば、いいほう」

実際にゼニー簿も東京から東北へ引っ越して、
職探しをしにハローワークへ行った時に言われました。

「東京の給料の7割あればいいほうだと思ってください。」

出身は大阪、ずっと東京で働いていたので
その一言に大きな衝撃を受けたのを覚えています。

同じような仕事でも、給料水準が圧倒的に低いのです。

ハローワークは暗に「大阪や東京と同じ条件で仕事を探しても、見つかりませんよ。」
と忠告していたのです。

田舎には仕事がない(就職先の絶対数が少ない)

そして、給料水準以上に問題なことは、
田舎には仕事自体が少ないということです。

自分が思うような条件で求人検索をかけても、
ほとんど見つかることはありません。

田舎では「仕事の内容も選べない」ということなんです。

田舎の求人数は東京の約15%

ハローワークの求人を都道府県別で調べました。

①フルタイム(一般)だけの条件
②①に「フリーワード検索:ネット」での検索条件

単純にフルタイムの仕事だけでも
田舎は東京の約15%しか求人の数がないんです。

「ネット」なんていう検索条件を付け加えれば、
数はもっと減ってしまいます。

なんと東京の約5%の数しか検索されませんでした

フルタイム(一般)条件付き
求人数求人数の割合求人数求人数の割合
東京80,109100%5,801100%
大阪55,29369%2,56444%
愛知46,38458%1,59127%
宮城19,62925%58410%
愛媛11,36514%2054%
沖縄9,47812%3346%

田舎ではゼニー簿の希望の仕事がなかった

田舎では「やりたい仕事内容」の検索条件を加えれば加えるほど
仕事は見つからないんです。

実際にゼニー簿もそれまで東京でやっていたような内容の仕事を
見つけることはできませんでした。

いや、たまにあっても、給料が異様に低かったりするんです。

仕事は「やりがい」なのか?「お金」なのか?と聞かれれば
やはり「お金」だと思うのです

契約社員でしたが、結局は自分が人生で想像もしてなかった
国公立大学の研究室の秘書という仕事に就きました。

なぜなら、国公立大学の給料水準は「全国統一」されているので、
田舎では給料水準が高い部類の仕事だったからです。

田舎には職業を選ぶ選択肢もないんですよ。バカらしいです。

車がないと生活できない(車の維持費が高い)

車の査定本当に、腹立つぐらい電車の本数が少ないです。

いや、電車が通っているならまだマシな方ですね。

田舎は「車がないと生活ができない」=「車の維持費がかかる」のです。

もちろん、車の購入代金もかかりますし、ガソリン代もいる。
安いとは言え駐車場代もいるし、車検代もかかります。

軽自動車でも年間で約20万ぐらいかかっていました

タント(軽自動車)
駐車場代(月額3000円)72,000円
ガソリン代(月額8000円)192,000円
車検代60,000円
オイル交換2800円☓4回=11,200円
税金7,200円☓2年=14,400円
自動車保険
(42歳本人限定6等級で仮定)
32,000円
合計(2年)381,600円
1年間の維持費190,800円

物価も田舎は高い!

野菜は多少田舎のほうが美味しくて安かったです。

しかし、野菜以外の肉や魚、他の食品
そして生活雑貨などは都会と比べると高いです。

それは、購入するお客さんの数が都会と比べると
田舎は少ないからです。

マクドナルドやレストランだって
田舎だからって安いわけではなく、全国同じ値段設定です。

結局、田舎のほうが何を購入するにも高くつくのです。

田舎は水道光熱費が高い

田舎は水道光熱費が高くなります。

寒い地域は暖房費、暑い地域は冷房費はもちろんなのですが、
「都市ガス」が遠ている地域が限定されるからです。

「プロパンガス」は「都市ガス」に比べて異様に高いです。

現在都市ガスで毎月平均で3800円ほど払っていますが、
プロパンガスの場合は月平均1万円でした

倍以上の値段なのです。

それに、東北という寒い地域に住んでいたため
冬は光熱費で最高5万円になったこともあります。

信じられないぐらい光熱費が高いんです。

田舎には選択肢がないので、言い値になる

最新デザインの家具や雑貨などを扱うお店は、田舎にはありません。

もちろん、今はネットが普及しているので何でも手にはいりますが、
実物を見るのは難しいし、東北までの送料は若干高い。

また、子供がやっている「床矯正」という
子供の成長を利用して行う矯正方法をやっている歯医者は
田舎にはほとんどありませんでした。

子供の歯の矯正 顎の成長をさせる「床矯正」で40万に節約

あるのはあったけど、車で1時間ほどのかかる歯医者に
仕事を持っている親が頻繁に通うとなると
難しいものがありました。

田舎には「選択肢」が極端に少ないんです

値段を比べて、良いほうを選択するという
都会では当たり前のことさえ難しい
のです。

大学の教育資金が高くなる

コスト計算田舎は「小学受験」や「中学受験」なんていう文化はありません。

殆どが地元の公立の学校に通うので
高校までの教育費は田舎のほうが安いです。

しかし、大学となると逆転します。

大阪や東京などは、国公立大学以外にも
有名で優秀な私立大学もたくさんありますが、
田舎にはありません。

地元の国公立大学へ行く能力がない場合、
都会の大学に行く人が多いです。

その場合は、大学の教育資金として、
一人暮らしさせる生活費などがかなり重くのしかかってきます

公共交通機関がない(高い)

車の査定「車がないと生活できない」にも繋がってきますが、
公共交通機関で移動できない範囲が多くあります。

自家用車か、タクシーが必要になり
交通費がかかります。

また、電車やバスがあったとしても本数が少なく
また運賃も都会と比べると本当に高いのです。

それに、ゼニー簿の大好きな海外旅行に行くためのLCCも
ほとんど飛んでいません

田舎は飛行機の本数も少なく、行き先も限定的。

海外に出るのに、一度都会を経由して行く必要があり
旅行代は目が飛び出るほどコストが嵩みます。

田舎に住むメリットもあるが・・・

田舎のデメリットばかりを書いてしまいましたが、
メリットもあります。

  1. どこへ行っても空いている
  2. 土地が安い
  3. 地のものが美味しい
  4. 中学受験&小学受験がない(公立に生かせるのが普通)

この4つのメリットと
田舎の経済的デメリットを比べると分かるように
圧倒的に都会に住むほうが
庶民のような少ない給料では豊かに暮らせます。

まとめ:庶民は都会に住むほうが経済的!

慣れれば自転車生活は快適貧乏さんを紹介するTV番組などでは
田舎に住むほうが「お金がかからない」というイメージを受けるのですが、
経済的には田舎に住むほうが不利です。

実際にゼニー簿も7年間ですが田舎に実際に住んでみて、
田舎に住むメリットはほとんど感じられませんでした。

田舎でも楽しく暮らせる人は下記のような人だけ。

  • もともと田舎で生まれ育った人(実家がある人)
  • 安定的で給与水準が良い職業(公務員)の人
  • 実入りの良い自営業などの職を持っている人
  • 経済的に余裕がある人

都会で生まれ育って、都会の恩恵を受けてきた人が
田舎に移り住んでも経済的なメリットはほとんどありません。

ゼニー簿自身ももう2度と田舎には暮らしたくないと思っています。

自転車で行ける距離ですべてが済んしまう都会の暮らしは
本当ありがたいものです。

気軽に海外旅行に行けるのも、都会に住んでいるからこそ。

そして、40過ぎても今の仕事を見つけられたのも大阪だったからです。

田舎暮らしは、貧乏な人をより貧乏にする経済サイクルなのです。

庶民が、安易に田舎暮らしに憧れるのはやめましょう。

節約
スポンサーリンク
ゼニー簿をフォローして、お金持ちになろう!
マネーセンス倶楽部

コメント

  1. pierre小姐 より:

    ゼニー簿さん、はじめまして。
    クロス取引を最近始めまして、ネットサーフィン(死語?)とか検索をしているうちに
    数日前にたどり着きました、pierre小姐と申します。
    ああ、同志を見つけちゃったわ・・と勝手に感動しております。

    私は田舎に住んでいますが、この件に関しても全く同感です。
    4つの条件、思わずうんうんと頷いてしまいました。その通りだー!
    私の地元にいる友人は、ほとんど公務員か病院勤めです。(笑)
    うちのあたりはまだ、いろんなものが揃いますが、
    電車、バス通勤をしている人は、まずいません。
    田舎に住むのって贅沢なことだ、と1年前くらいに気付きました。

    いままでは大阪に買い物に行くことも年に数回はあったのですが
    ネットのおかげで、いまはほとんど行ってないです、ことたりてしまいます。
    インターネットのおかげで人生変わったかも、と思うくらい
    田舎に住んでいても劇的に便利になったなーとは思います。
    まあまあ便利なところなので、リタイアしてから移住してくる人も結構います。

    最近は大きな手術をするときは県庁所在地の病院まで行かなくてはならないことが
    多いようです。(紹介されます)病気になったら大変だなーと思いますが、老人ホーム的なところは都会より空いていて入りやすいかもしれません。ただ本当に車なしの生活は、不便ですねー。老齢の近所の人はタクシー呼んでます。車の維持費よりタクシーのほうが安いですし。
    関空には割と近いので車で行きます。車だとトランク運ぶの楽なんですよねえ~。
    私もKIXのカード持ってます!(笑)

    • ゼニー簿 より:

      pierre小姐 様

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      >田舎に住むのって贅沢なことだ、と1年前くらいに気付きました。

      ああ、まさにそれ!田舎に住めることは本当に贅沢!
      その表現に尽きます。

      いい仕事を持っている人か、リタイアした人のように
      経済的に余裕がある人が楽しめる贅沢な土地なんですよね。

      pierre小姐さんも経済的に恵まれているとお見受けしますが、
      きちんとコストのことも分かってらっしゃる。

      そういう意味で同志なのかな?

      また、遊びに来てくださいね。

  2. daichonmage より:

    こんにちは、daichonmageです。
    何となく田舎の方が不動産も安いし総コストはかからないのかな
    くらいに思っていたのですが、そうでもないのですね。

    >仕事は「やりがい」なのか?「お金」なのか?と聞かれれば
    >やはり「お金」だと思うのです。

    ここに反応してしまいました。
    本筋からは逸れてしまいますがご容赦下さい(笑)。

    特に若い頃ですが、私の周りには「やりがいのある仕事」に
    執拗にこだわる人が多かったように思います。
    1日の大半を仕事をして過ごすので、どうせするならやりがい
    がある方がよいというのなら理解できます。
    しかし、どうも彼らは仕事のやりがいを自分の人生の価値に
    重ねているようで、そこに違和感を感じていました。

    以前、
    『「やりがいのある仕事」という幻想 森博嗣 (著)』
    を読んだことがあります。下記は特に印象に残ったフレーズです。

    『なんとなく、意味もわからず、「仕事にやりがいを見つける
    生き方は素晴らしい」という言葉を、多くの人たちが、理想や
    精神だと勘違いしている。それは、ほとんどどこかの企業の
    コマーシャルの文句にすぎない。そんな下らないものに取り憑
    かれていることに気づき、もっと崇高な精神を、自分に対して
    掲げてほしい。それは、「人間の価値はそんなことで決まるの
    ではない」という、とても単純で常識的な原則である。』

    私が感じていた違和感が見事に表現されていて、胸がスーッと
    したのを覚えています。

    • ゼニー簿 より:

      daichonmage様

      仕事は「やりがい」か?「お金」か?
      仕事は人生の大半を費やすので、ここで選択で大きく人生が違ってきますね。

      daichonmageさんが違和感を感じていた「特に若い頃」は
      仕事に夢見てしまうのはある程度仕方がないかな・・・とは思います。
      なんせ「若い」ですから。(笑

      若い頃から、それに違和感を感じていたdaichonmageさんは
      冷静に現実を見ることが出来たということですよ。
      すごいです。
      だからこそ、今の資産と自分の仕事があるんだと思います。

      私は就活のときに仕事を探す基準は、給料ではなく「有給消化率」でした。(苦笑
      そういう意味で、私は「やりがい」より「時間」でしたが、
      やはり多少「夢」を見ていた部分もあると思います。
      色々人生を経験して、今はハッキリと「お金のほうが大切」と言い切れますが。(笑

      テレビドラマや、漫画などは「やりがい」をテーマにしていることが多いですから、
      その辺を鵜呑みにしてしまうと、人生を見誤りますよね。
      それに漬け込んでブラック企業も増えていきますし。

      仕事より、「自分の人生が大切だ」と思う人がもっと増える
      「バカンス」が取れるようないい国になるのでしょうね。(←結局休みが大切な私

      でも、感覚的には女性より男性の方が「やりがい」を求める傾向が強い気がします。
      (現在FCに関係のある仕事ですが)男性は大概夢見ています。。。

      • daichonmage より:

        >daichonmageさんが違和感を感じていた「特に若い頃」は
        >仕事に夢見てしまうのはある程度仕方がないかな・・・とは思います。
        >なんせ「若い」ですから。(笑
        そうですね。若くて素直であるために、理想を追い求め過ぎたり、
        周りからの同調圧力に流されてしまいがちですよね。
        私も、仕事にやりがいを持つことが人生ではとても大事なことだ、
        そのためには、自分の時間を使ってでも勉強しろ、それがあるべき姿だ
        というようなことをよく言われていたし、周りもそんな雰囲気でした。
        全て無視しましたが、それはそれで結構忍耐が必要でした。

        >冷静に現実を見ることが出来たということですよ。
        >すごいです。
        ありがとうございます(笑)。ゼニー簿さんのブログに書き込みすると
        いつも褒めていただけるので、気を遣っていただいているのは分かっちゃ
        いるけど、素直に嬉しくなります。本当にコミュニケーション能力が
        高い方だと尊敬しています。

        >色々人生を経験して、今はハッキリと「お金のほうが大切」と言い切れますが。(笑
        完全に同意(笑)。そこがぼんやりしている人はなかなかお金が貯まらないのかと。

        >テレビドラマや、漫画などは「やりがい」をテーマにしていることが多い
        >ですから、その辺を鵜呑みにしてしまうと、人生を見誤りますよね。
        そんなのが多いですよね。テレビドラマや漫画の影響って馬鹿にできない。
        まー、おもしろいと観てしまいますが。
        あとは芸能人のトーク番組もよくないですね。
        子供にしょうもない価値観を植え付けられてしまうので。

        あと、昔から気になっているのは、子供に将来何になりたい?と訊くと
        ほぼ100%職業を返答してくる点です。娘には仕事なんていう狭い枠
        にとらわれず、自分が本当にやりたいこと、こうありたいという姿を
        追い続けてほしいと思います。

        • ゼニー簿 より:

          daichonmage様

          >全て無視しましたが、それはそれで結構忍耐が必要でした。

          そうだと思います。
          自分の考えを貫くのは(しかも少数派の)忍耐がいりますよね。
          そして、無視できる強い精神力。

          私の場合はその忍耐力が足らないことが、
          daichonmageさんと違ってダメなところなんですよね。。。。
          (私がコミュニケーション能力が高いなんてとんでもない誤解です。苦笑)

          >、昔から気になっているのは、子供に将来何になりたい?と訊くと
          ほぼ100%職業を返答してくる点です。

          なるほど。。そんなふうに考えたことはありませんでした。
          お子さんは良い見本が身近にいて幸せですね。

          私の場合はどうしても「女性が損しない職業(比較的男女平等の職業)」を
          子供に勧めてしまっているかもしれません。
          女性が仕事を持つと、必ずぶち当たる壁でもありますから。
          もっと高い視点から将来について子供と話すことも心がけようと思います。

  3. hal より:

    ゼニー簿さん、こんばんは。
    術後の調子は、いかがでしょうか。お痛みやご不便は大丈夫でしょうか。。
    もう一回あるのですよね。
    すっきりと快適な生活が手に入る日が早く訪れますように、お祈りしております。

    ↑の会話、素敵ですね。
    子どもの夢って、確かに、職業だったりしますね。目からウロコでした。
    うちの上の娘(小2です)は、芸人になるか、化石を掘る人(考古学者??)になるか、真剣に悩んではります…^^;

    >私の場合はどうしても「女性が損しない職業(比較的男女平等の職業)」を
    >子供に勧めてしまっているかもしれません。
    これ、とても同意してしまいました。私もそうです。
    まあ、芸人さんって言われて、それ以前な感じなのですが…(笑)

    田舎に住むのは贅沢、なるほどです。
    私は田舎出身なのですが、車必須なのが致命的でした。
    その他にも、職業的にそんなにも制約があったのですね。言われてみればなるほどなあと思いました。
    今は大阪の赤いラインの地下鉄沿線に住んでいますが、自転車さえあれば超快適に暮らせる生活は、適度な運動にもなり、お金もかからない。
    もう田舎へはとてもじゃないけれど戻れません。

    • ゼニー簿 より:

      hal様

      ご心配ありがとうございます。
      手術した後の痛みもなくなって、片方は快適になっていますよ。

      >うちの上の娘(小2です)は、芸人になるか、化石を掘る人(考古学者??)になるか、真剣に悩んではります…

      振り幅がデカイ!(爆
      真逆の職業ですね。なんだか楽しいお子さんですねぇ。

      やっぱり女の子は「女性が損にならない職業」って意識しますよね。
      自分が女だから余計に。

      halさんは田舎出身とのこと。
      余計に「田舎に住む贅沢さ」が身にしみるのではないでしょうか。
      やはり一度田舎に住んでみないと、その贅沢さがわからないんですよね。

      今はお金がなくても快適に過ごせる都会生活。
      それぞれの良さがありますが、やっぱり庶民は都会ぐらしに限りますよね。

  4. ももんが次郎 より:

    ゼニー簿さん、はじめまして。ももんが次郎です。

    投稿記事を見て、始めから終わりまで全力でうなずいてしまいました!
    自分も地方出身(今は都会在住)なので、ゼニー簿さんが体験されて出された答えが本当によく分かります。都会に出てきた時は、都会と田舎でこんなに差があるのかと悔しい気持ちでいっぱいになりましたね。おっしゃる通り、田舎は何にしても選択肢が少ないのです。

    田舎は良いよ、田舎で活躍しよう!と呼びかける本や雑誌も読んでみましたが、ゼニー簿さんの言う選択肢の乏しさや給料格差に触れているものは少なかったですね。
    お金のある都会の人が田舎に住んでお金を落としてくれるならそれはそれで良いのですが、都会の人が指す『田舎』って所詮『自分達に都合の良い田舎』なんですよね。
    都会に日帰り出来るアクセスの良さで、周りに店もほどほどにあって、自然もある所がいいけど雪は少ないほうが良いな、とか。
    これからは田舎の中でも格差が出てくるだろうと考えています。
    都会から遠く離れた田舎は生き残りが難しくなって消滅する所も増えるでしょうね。

    都会と田舎の格差を知っているので、都会の人が『田舎っていいよね。田舎に住みたいな。』と言うのを聞くと、心の中で(アホか。だったら何で田舎から人が出ていくんや)と毒づいています。

    • ゼニー簿 より:

      ももんが次郎様

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      >選択肢の乏しさや給料格差に触れているものは少なかったですね。
      >都会の人が指す『田舎』って所詮『自分達に都合の良い田舎』なんですよね。

      そうですよね。いいところだけ切り取りますよね。
      本や雑誌など、特にテレビは。
      一番知りたい部分には、触れてくれない。

      ももんが次郎さんのいうとおり、
      都会から遠く離れた田舎は人がいなくなってしまうと思います。

      特に雪かきが必要な北側は、冬が住むのがつらいですから。
      雪かきほど、何の生産性もなく無駄な力仕事を私は知りません。
      それほど、辛かったです。(笑

      都会の人は表面だけしかしりませんからね。。。。
      毒付く気持ち分かりますよ。

      また、遊びに来てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました