子供の教育費は一人あたりいくら貯めればいいの?目標は500万円 - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




教育・子育

子供の教育費は一人あたりいくら貯めればいいの?目標は500万円

更新日:

子どもたちの教育費のために、一体いくらぐらいの金額を貯めておけばいいのか?
子供がいるご家庭では、私と同じく気になるところではないでしょうか。

(私立に通わせるか、公立に通わせるかでも大きく金額は違ってきますが)
大学進学させるなら、18歳までに500万円を目標にしましょう!

なぜなら、高校までの教育費は日々の家計費で吸収できる程度ですが、
高校進学の資金は一気に家計の負担になってくるからです。

高校までに必要な教育費は、最低500万円

文部科学省の「子供の学習費調査(平成24年度)」をもとに調べてみました。
この表に書かれている数字は学校で必要な教育費・給食費の他に、
学校外で必要(?)な塾の費用などの合計平均を算出しています。
高校までの学習費総額

高校まで全部公立に通わせたとしても、
最低500万の教育費
を支払うことになります。

私立ならその3倍以上の1600万円!!!

無理して子供を私立の学校に通わせれば、
とんでもない金額を覚悟しておかなくてはなりません。

高校時に予備校に通うならプラス100万円必要

文部科学省の「子供の学習費調査(平成24年度)」によると、
高校生の予備校等に通う通塾率は公立高校で33.8%、私立高校で37.3%です。

大学に進学する人ばかりではありませんから当然の数字です。

しかし、大学進学のため予備校に通うとなると、この金額よりも高くなるということです。

大学受験の塾・予備校にかかる費用の目安は年間40万~100万円といわれています。

もし、大学に行かせる前提であれば、
この表にプラス予備校代100万は必要になる可能性が高いのです。

保育料金が実は一番高いです

母子家庭上記の表は幼稚園3年で65万円になってますが、
ゼニー簿が長女の保育所に支払った総額は5年で210万でした。

もちろん保育料は家庭収入に比例しますので、
今のシングル収入なら、たぶん総額120万ほどだと思います。
(それでも、高いですね。)

ある程度収入のある家庭なら、
小中高どの年代よりも、保育代金が高くなることだけは覚悟しておきましょう。

大学にかかる金額 最低250万円

こちらも、文科省のデータをまとめたものです。

実際は、選ぶ大学や学部によって大きく差が出てくるので、あくまで平均値として考えて下さい。
(医大とかになると、この金額では済まないですね。通う年数も違いますから。)

区分 入学金 施設設備費 授業料 合計
国立大 282,000 2,143,200 2,425,200
公立大 397,721 2,151,428 2,549,149
私立大文系 246,749 160,019 2,969,912 3,376,680
私立大理系 265,595 187,236 4,172,848 4,625,679

国公立や公立大に行ってもらえると、250万ほどで済みますので
親の方はできれば国公立大学へ行ってほしいところですが、
ある程度優秀でないと・・・現実的ではありません。

子供を私立大学に通わせる可能性があるなら、
文系で350万、理系で約500万ほど必要
です。

また、予備校に通わせる(100万ほど)可能性もありますので、
やはり大学進学を考えるなら、
500万を目標に教育費を貯めておく必要があります。

地方に住んでいるなら、500万以上を目標に

地方にお住まいの場合、地元の国公立大学に進学しない場合は
当然「一人暮らしさせる生活費」が別に必要です。

本人にアルバイトをさせてある程度自立してもらうにせよ、
教育資金としてかなりの金額が上乗せされます。

地方住まいの場合は、特に教育資金を多めに確保しておく必要があり
500万以上を目標にしましょう。

大学まで行かせるなら、一人あたり500万の教育費を!

高校(公立)まで500万 + 私立大学で500万= 1000万円

大学進学を前提で子育てしていくとなると、
子供一人あたり1000万の教育資金が必要になります。

1000万というと「もう子供生みたくない」という金額に聞こえますが、
教育費というのは一括で支払うものではありません

高校までの教育費は家計費で吸収できる!

高校までの500万は、幼稚園から高校卒業までの15年間の教育費です。

15年で割ってみると、年間34万円です。

5,000,000円/15年=333,333円

月額に換算すると、約28,000円になります。

5,000,000円/15年/12ヶ月=27,777円

高校まで公立に通わせていれば、
一般的な収入の家庭なら、
毎月の家計費でなんとかやっていける金額です。

そんなにビビることはないのです。

子供が18歳までに子供一人あたり500万の教育費を準備

問題は大学の教育費です。

高校までの15年間での500万と違い、
大学は18歳になったら4年間で一気にのしかかる500万
です。

家計の負担の大きさが違います。

「18歳になった時に500万貯められるのか?」が問題なのです。

教育費は18歳までに子供一人あたり500万を目標に計画的に貯めていきましょう!

教育費は小さい頃から計画的に貯めていきましょう!

インデックス投資

子供の習い事に過剰にお金をかけていませんか?

小学校までの小さい時期が、教育費の貯めどきですよ。

小さい頃に無駄にお金をかけるよりも、
将来を見越して教育資金を貯めてあげることのほうが大切です。

実際に奨学金という名の「借金」を背負ってのスタートは
子供の人生を大きく狂わせることになります。

大学に行けさえすれば人生安泰の時代は終わりました。
「奨学金破産」する人も増えているのです。

奨学金は借金だと知らない人も!奨学金破産者が増えている

年収600万以上の家庭でも教育費を貯められていない!

実際に奨学金を借りている約半数が、
おどろくことに600万以上の年収のある家庭の子というデータもあります。
大学生の50%が奨学金受給!子供が小さいうちにできる教育費の貯め方

これだけ収入があっても、子供の教育費を準備できていない。

子供が大学進学時に一気にのしかかる教育費は
それだけ計画的に貯めておく必要があるということです

当ブログでも色々な節約法を紹介していますので
計画的に教育費の準備をしていきましょう!









-教育・子育
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.