確定拠出年金

50代が確定拠出年金iDeco(イデコ)加入する時の注意点3つとおすすめ運用法

投稿日:

50代が確定拠出年金iDeco(イデコ)加入する時の注意点3つとおすすめ運用法個人型確定拠出年金(iDeco)は60歳以上から受取可能な年金です。

働いている人にはメリットが大きいのでゼニー簿は利用することを推奨しています。
年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由

 

でも、50代から個人型確定拠出年金(iDeco)に加入すると運用できる期間は限られています。

だから、50代の運用方法は他の年代とは全く違う!のです。

今回は、50代が個人型確定拠出年金(iDeco)に加入する際の3つの注意とおすすめの運用方法をお話します。

注意1:iDecoは加入期間によって受給開始年齢が違う

50代が確定拠出年金i普通の年金と違い加入年数で、受け取りの開始年齢が違います。

通算加入者等期間受給開始年齢
10年以上満60歳
8年以上10年未満満61歳
6年以上8年未満満62歳
4年以上6年未満満63歳
2年以上4年未満満64歳
1ヶ月以上2年未満満65歳

50代は加入期間が10年未満になるので、60歳から受け取れることはありません。

注意2:口座管理手数料の無料の証券会社を選ぶ

個人型確定拠出年金(iDeco)は加入時と、運用中に手数料が意外にかかります。
運用期間が短い分、その維持費は運用益に重くのしかかってくるので、証券会社選びが大切になります。

絶対に口座管理手数料が無料の証券会社を選びましょう!
(参考:30年で250万の差!個人型確定拠出年金(iDeCo)で証券会社を選ぶポイント

口座管理手数料が無料の個人型確定拠出年金(iDeco)を扱う証券会社は増えてきています。

その中でもおすすめは、低コストの投資信託を数多く揃え、口座管理手数料も無料のSBI証券で口座開設をおすすめします。

50代にはSBI証券をおすすめする理由

  1. 条件無しで口座管理手数料0円
  2. 元本保証商品の多さ
  3. 初心者にも操作しやすい口座

SBI証券iDeco口座
数ある証券会社の中でも、かなり有利に運用できる証券会社です。

注意3:運用期間が短いためリスクが大きい

50代で個人型確定拠出年金(iDeco)に加入しても60歳までしか拠出できませんし、早い人では61歳から受給が始まります。

50代なら、運用期間は長い人でも約9年になります。

ゼニー簿がおすすめしている一番リスクが少なくお金が増える可能性が高い「インデックス投資」は株式投資です。
株式投資には長期運用が大前提なので「運用期間が9年以下」となる場合はやめておいた方がいいでしょう。
↓↓↓
インデックス投資に長期投資が大切な理由

 

50代のイデコでの株式投資は「損する可能性が大きい」と覚悟しておく必要があります。

50代は運用益ではなく所得税控除のメリットを目的に

50代で個人型確定拠出年金(iDeco)を利用するとなると、運用期間が短いので運用益ではなく「所得税控除を受けるためのもの」として捉えた方がいい。

下記は、イデコナビで年収400万で53歳から個人型確定拠出年金を始めた場合の所得控除で得できる金額の総額を計算したものです。

50第からの個人型確定拠出年金

7年間で386,400円の節税ができるのですから、投資で利益を出さなくても十分メリットがあります。

 

50代おすすめ運用法:リスクの少ない商品で、所得税控除のメリットを受ける

運用期間の短い50代は、個人型確定拠出年金(iDeco)では「株式投資」には不向きだと言えます。

ゼニー簿がお金を増やす方法としておすすめしているインデックス投資は、個人型確定拠出年金(iDeco)ではなくNISAを活用すればいい。

ゼニー簿は、50代が個人型確定拠出年金(iDeco)やるなら「所得税控除」のメリットだけを受ける投資方法をあえておすすめします。

元本保証型の商品か、リスクの少ない「日本債券」の投資信託を選ぶ

50代の方は運用期間が長くても9年、短い人は数年になると思います。
そう考えるとお金をふやすことより、「リスクがない(低い)」商品を選ぶことが大切です。

元本保証型の商品、またはリスクの少ない「日本債券インデックス投資信託」を選びましょう。

SBI証券で選ぶとしたら、下記の4つ商品になります。

  • スルガ確定拠出年金スーパー定期(1年)
  • スミセイの積立年金保険(利率保証型/5年)
  • 第一のつみたて年金(利率保証型/5年)
  • 三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)

登録までに2ヶ月ほどかかるので、早めに申込をすべき!ですよ。
↓↓↓
ideco-sbi

-確定拠出年金
-, , ,

執筆者:


  1. サイトウ より:

    初めまして。実は私は、今年48歳の子供3人のシングルマザーです。
    楽天証券でイデコの申し込みをしてようやく口座が整った状態です。
    今配分を考えている最中にこのHPに出会えました。
    全額現金にしようかすごく迷っております。
    周りにお金の相談する人がいないのでコメント書いてみました。

    • ゼニー簿 より:

      サイトウ様

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      イデコの商品についてですが、こればかりはリスクをどう取るか?ですね。

      48歳ということですから、12年しか投資出来ないということになります。
      長期運用が基本のインデックス投資としては12年は短いと思います。
      インデックス投資に長期投資が大切な理由参照)

      運用を最小限のリスクで考えるのであればイデコでは税控除のメリットだけをとれる元本保証型商品をえらび、
      株式投資はNISAで行うのがいいかとは思います。

      しかし、そうするとイデコとNISAの両方に投資するお金がかかるので、
      サイトウさんがお子さん3人を育てる上で大丈夫なのか?という別の問題が。。。

      資金に余裕がないのでイデコだけで!というのであれば、
      リスクを覚悟の上→→→インデックス投信
      リスクは取れない→→→元本保証商品
      がよろしいかと思います。

      投資はそれぞれの家庭状況によって、資産を増やす方法は違いますので、一般的なお答えになってしまいますがご容赦を。
      確定拠出年金iDeco(イデコ)を利用する前に確認してほしいこと

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

確定拠出年金iDeco(イデコ)の積立額が少ないと損!それでも増やせない人におすすめの証券会社

確定拠出年金iDeco(イデコ)の積立額が少ないと損!それでも増やせない人におすすめの証券会社

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は収入がある人には「税控除」というすごいメリットがあって、老後資金を準備するのにはどの個人年金よりもおすすめできる制度です。 (個人年金のメリットは「年利15%! …

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金保険はどっちが得ですか?

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金保険はどっちが得ですか?

たまに知恵袋などをのぞいてみると、 「個人型確定拠出年金」と「個人年金」はどちらに加入するほうが得ですか? という質問が結構あります。 どちらも同じく名前に「年金」が入っているせいで、 同じように感じ …

【祝】SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が手数料無料で最強に!

【祝】SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が手数料無料で最強に!

本日2017年5月19日より、SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)口座が手数料無料になりました。 個人型確定拠出年金(iDeCo)加盟を検討していた皆さん、おめでとうございます! これで、SB …

保育料が下がった!保育料が高いなら個人型確定拠出年金で節税を

保育料が下がった!保育料が高いなら個人型確定拠出年金で節税を

保育料金って高いですよね。 稼ぐために働いているのに、給料のほとんどが保育料に取られてしまっていませんか? 今回は保育料が高い人(普通の人も)におすすめする保育料金の下げ方を教えます。 目次1 保育料 …

idecoの保険料控除申請書の書き方

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の「年末調整(保険料控除申告書)」記入例

年末調整の書類を書く時期がやってまいりました。 今年は節税のための保険にも加入したので、 この「保険料控除申請書」を書くのが楽しみで楽しみで。(笑 今回は、個人型確定拠出年金iDecoに加入したサラリ …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事